| 学資保険は郵便局のゆうちょがランキングが高くお勧め |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリコ JA共済といった所はランキング上位にあるみたい

学資保険に入ろうと思っている人は多いと思います。

それでしたら、アリコ JA共済といったランキング上位にある所がおすすめです。

ここでは、この二つのところをちょっと紹介していきたいと思います。

子供の教育費の事を考えているなら学資保険に入るのがオススメです。

こどもの学費というのはたくさんかかるものです。

文化文部省の調べによると、公立の場合、幼稚園~高校までで5,316,634円かかるみたい。

一方、私立なら9,832,175円かかるそうだ。

学校によって金額が変わってくるところもあるので、必ずこのようにはならないとは思います。

しかし、最低でも500万円以上は教育費にかかるみたいです。

その学費、いざ払うとなったらなかなか支払う事が難しいと思います。

その時になるとお金がない。

そんな時もあると思う。

そうならないように学資保険には、必ず入っておいたほうがいいと思いますよ。

なお、これに加入するならランキング上位にあるアリコ JA共済といったところがオススメです。

この二つの学資保険は色々なサービスを受けることができます。

例えば、病気やケガで入院した場合、1泊2日の短期入院から日額5,000円の支払いがある。

また18歳満期、12歳まで加入可能といった特徴があるようだ。

アリコ JA共済は色々な特約があるお得な学資保険です。

これをどこに入るのか迷っているなら、この二つのところの資料を見ておくといいかもしれませんね。

ところで、学資保険の会社は意外とたくさんあります。

例えば、かんぽ ソニー アリコ アフラック ニッセイ。

その他、第一 明治 大同 朝日 三井 明治安田 太陽 住友 フコクといった所があるようだ。

こういった所の学資保険はランキングでも上位にあるところみたい。

良かったら一度、調べておくといいでしょう。

スポンサーサイト

ソニー生命は他社と比較して返戻率が高くてオススメ

学資保険に入るときは、まずは返戻率を比較してから入るのがいいでしょう。

例えば、アフラック 郵便局・ゆうちょ フコク かんぽ・簡易。

その他、三井住友海上 菊池ファイナンシャルグループといった所の返戻率を比較して良さそうなところに加入するといいですよ。

ちなみに、私のおすすめはソニー生命。

ここはわたしも昔、加入したことがある学資保険です。

親戚の方がオススメというのでソニー生命に入りました。

この会社の特徴だが、それは学資保険の返戻率が良いことです。

テレビや雑誌などでも見たことがあるのではないでしょうか?

ソニー生命の元本保証といううたい文句を見たことがある人もいるでしょう。

ここは返戻率が非常に高いためにこういったことができるようです。

学資保険は会社によって受けられるサービスが違います。

ある会社では行なって特約もこちらではないということもあります。

しかし返戻率が高いというのは、そういったサービスがなくても選ぶときに重要なポイントではないでしょうか。

これに加入しようと思っているなら、ソニー生命のものに入るといいかもしれませんね。

ところで、学資保険の支払い方法をご存知でしょうか。

このやり方はいくつかあるみたいです。

学資保険の支払いには、月払い 半年払い 年払い 一時払いがあります。

これは途中で契約を変えることもできるみたいですが、会社によっては払い方が限定されているときもあるようです。

学資保険を選ぶ時に大事なポイントとなっていますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。


| 学資保険は郵便局のゆうちょがランキングが高くお勧め |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。